Morikawa Laboratory

Wireless Group

IoTへの期待が高まりつつある中,無線通信技術は新たな局面を迎えている.IoT時代の無線通信の開発に向けては,これまでの通信容量や帯域利用効率といった軸のみならず,通信遅延,デバイス数などといった多面的な軸からの検討が必須であるとの観点から,研究開発を進めている.