network

Choco

画像などの収集に必要とされる100%信頼性と高速性,火災検知などに必要とされる省電力待機と低遅延性とに対応することで,無線センサネットワークは次のステージへ進む.本研究で開発を進めている多目的センサネットワーク基盤Chocoでは,同時送信技術と動的スケジュールにより,ルーティング不要で効率的かつ高信頼なマルチホップ通信を行う.これにより極めて高速,柔軟なエンド間通信が可能となり,省電カ待機,高速転送,低遅延通知・エンド間ACK伝送による高信頼性などを実現できる.実装評価により,定期トラフィックにおいて標準的プロトコルと比較して10倍程度の性能向上を実現するとともに,高効率なバーストトラフィック収集が可能であることを示している.あわせて,センサネットワークの新たな応用を示唆するため,カメラによる定点観測,マイクを用いる聴音測位,構造モニタリングといったアプリケーションの構築をもChoco上で進めている.また,複数のChocoを共用させる手法の検討も進めている.

Next generation wireless sensor networks (WSNs) require “100% reliability”, “high throughput”, “low standby power”, and “low latency”. Toward this, we developed a versatile WSN platform “Choco” where concurrent transmissions and dynamic scheduling realize routing-less, efficient and reliable multi-hop communications. Choco enables not only extremely quick and flexible communications between end nodes, but also low standby power, fast forwarding, and low latency notifications. In addition, high reliability is ensured by the acknowledgements between end nodes. The implementation shows that Choco improves efficiency by 10X over the conventional collection protocol and can efficiently support burst traffics. Furthermore, we are implementing Choco into several new applications such as surveillance cameras, audible sound measurement, and structural health monitoring. Finally, in order to allow multiple nearby Choco-enabled applications to co-exist unaffectedly, we are working on improving the robustness of Choco under co-channel interference scenarios.